2006年01月06日

呆れた外務省

対中外交 「強気」官邸、「弱気」外務省 靖国・職員自殺で食い違い

【首相官邸と外務省との関係が対中外交をめぐってぐらついている。外務省OBが小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判する論文を月刊誌に寄稿したり、政府首脳が在上海日本総領事館の男性職員自殺をめぐって外務省に対して不快感を表明するなどのケースが続いている。日米関係など対中外交以外の分野にも影響が出かねないとの見方も出ている】

【政府・与党内で波紋を広げたのが、外務事務次官や駐米大使を務めた栗山尚一氏が月刊誌「外交フォーラム」に寄稿した論文だ。栗山氏は「和解−日本外交の課題」と題する論文を平成十八年一月号に寄稿したが、首相ら政府の責任ある立場にある者が靖国神社に参拝するのは「大東亜戦争」肯定の歴史観を共有しているとの印象を与えかねないと指摘。参拝を控えるべきだと主張した】

【麻生太郎外相は五日、訪問先のイスラマバード市内のホテルで「中国に言われたから(靖国参拝を)やめることはない。靖国神社だけに的を絞るとなかなかことは進まない」と首相の参拝を支持した】

【「『外交フォーラム』は外務省の事実上の広報誌」(与党関係者)といわれるだけに、栗山論文は「『靖国参拝をやめてほしい』という外務官僚の隠された本音が出た」との見方が出ている】

【一方、安倍晋三官房長官は五日の記者会見で、在上海日本総領事館の男性職員自殺について、中国政府声明が「日本側は職務の重圧のために自殺したと表明した」としていることについて、「中国側の公安当局関係者による、ウィーン条約上の接受国の義務に反する遺憾な行為があったと考えている」と改めて批判するとともに誠意ある対応を求めた】

【安倍氏は一部週刊誌が男性職員自殺の事実を報道するまで事件の存在そのものを知らず、昨年十二月二十八日の会見で「報道以前については、私は報告を受けていない」と述べ、官邸に的確な情報を提供しない外務省に不快感を表明した

【谷内正太郎外務事務次官は五日、省内で開かれた賀詞交換会で、「どうしてこういう情報が外に出るのかと誠に情けない思いをすることが、この一年に一、二回ではなくあった」と述べ、機密保持の徹底を求めたが、「次官の念頭には男性職員自殺の件もあったのに違いない」(外務省筋)との指摘もある】

外務省っていうのはどこの国の機関なんでしょうね?

まるで特定アジアのプロパガンダを聞いているようじゃないですか。「靖国神社に参拝するのは「大東亜戦争」肯定の歴史観を共有しているとの印象を与えかねない」とかね。

こちらを見て頂ければ分かる事ですが、上海総領事館員の自殺はただの自殺ではありません。

国際問題に発展する可能性もあるものであり、現に発展しています。それを官邸側に情報提供しないというのは機密保持などでは無く隠蔽というのです。

それ以前に、何故外務省はこの情報を出せないのでしょう。中国に都合の悪い事だからでしょうか?

かなり前から外務省は媚中だと言われているようですが、本来外交とは自国の利益を追求するべきものだと思いますが、外務省はどの国の利益を先に考えているんでしょう。

中国と協調し、ご機嫌を取る事が日本の利益になるなどと発言しないように祈るばかりです。

と、「中国に言われたからやめることはない」っていうのは良いですね。国内の媚中派や外務省に対する壮絶な皮肉に聞こえるのが不思議な所ですw

↓人気ブログランキング様へ、よかったらポチポチっと押してあげてくださいヾ(;`Д´)
banner_04.gif       banners_black.gif
人気ブログランキング様 ブログフリーク様
posted by 真希P at 12:15| Comment(13) | TrackBack(3) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
谷内正太郎外務事務次官の発言は機密情報が中国側に漏れている為、機密保持の徹底する様にという事では?

職員自殺の事実が上に報告されない体質は大問題ですね。
Posted by 案山子 at 2006年01月06日 13:02
TBさせていただきます。

この腐った体質が大問題です。
今まで、ず〜とこんな感じだったのでしょうね。
Posted by 刀舟 at 2006年01月06日 13:11
案山子>なるほど、そう言う事なんでしょうか。
ん〜・・・修正した方が良いかな・・
Posted by 真希P at 2006年01月06日 13:38
どこの国でも外交官が相手国の側に立つのは仕方がないそうです。何かの本で読みましたが、

外務省の役割、それは赴任国の情報分析と邦人保護であると書かれていました。赴任先の情報を得るには必然的に政府関係者と付き合わなければならないので得てして外国の肩を持ちやすいし、相手国も外交官を通じて自国の利益に会うよう他国を動かそうとする。つまり外交官の報告は本国に対する要望を表現していると政治家は判断し、それを元に要求を受け入れるか、受け入れないかの外交方針は本国にいる政治家が決めるべきである。

だそうです。つまり外交官は政治家が他国にたらしたリトマス紙のようなもので外交官が外交をする権利はないということですね。ただスパイ防止法やシークレットサービスがない日本の外交官は丸裸で他国に送り込まれているに等しいので、外務省もスパイ防止法や保護組織がないことが自分たちの身をかえって危険にさらしているという考えを持って欲しいです。これは弱みを握られて身動きが取れない政治家にも言えることだと思います。別にスパイ防止法が制定されても、制定前の行いで罰されることはないのですから...名誉は失うでしょうが、それは現在暴露されても同じことなんですし
Posted by Autumn at 2006年01月06日 15:07
流石、前日酒盛りした為に文章作成が間に合わずに真珠湾攻撃を卑怯なだまし討ちに変えた外務省らしいコメントですね…
日中問題で最初に立ちはだかるのはいっつも外務省ですね
Posted by ヲタ空J官 at 2006年01月06日 15:37
谷内正太郎外務事務次官の発言に対しては、私は機密情報が中国側に漏れている事よりも、外務省が秘密にしておきたいことがマスコミに簡単に漏れてしまっていることを念頭に置いてあるように思います。

実際、領事というかなり上位の外交官が外圧を受けて自殺したと言うことは、外交を取り仕切る者としてはかなりの恥辱になると思われます。
中国の弁明を肯定するわけではありませんが、外交官僚としては隠しておきたい気持ちはかなり強かったと推測します。
Posted by ろこ at 2006年01月06日 15:50
どうも、記事の最後が釈然としませんねぇ。
1:中国に機密が漏れているのを懸念
2:マスコミなどに機密が漏れているのを懸念
3:官邸側に機密が漏れている(?)のを懸念
ここをはっきりさせたい所ですねぇ。
ん〜w
Posted by 真希P at 2006年01月06日 15:57
ども。いっつも拝見しておるよ。
今回僕のところのブログでインリンのコメントに対して記事をあげたんだけど一部記事引用さしてもらいました。
トラックバック失礼します〜。
Posted by 板垣 at 2006年01月06日 18:13
>1:中国に機密が漏れているのを懸念
>2:マスコミなどに機密が漏れているのを懸念
>3:官邸側に機密が漏れている(?)のを懸念

谷内正太郎外務事務次官が
「どうしてこういう情報が外に出るのかと誠に情けない思いをすることが、この一年に一、二回ではなくあった」
といっているのが間違えでなければ、1は無いでしょうね(^^;
少なくても、外国へ機密が漏れているなどという報道はここ一年で他に耳にしていないですから。
もし、他にも機密漏洩があったとしても外務官僚の調としては公式の場でははなせないでしょうし(^^;

さらに、
「次官の念頭には男性職員自殺の件もあったのに違いない」
というコメントが的を得た者であるとしたら、マスコミの発表が先行した現状から判断すると3も除外できますね(^^;
Posted by ろこ at 2006年01月06日 21:47
「外国の肩を持ちやすい」(知○・親○)と媚びるじゃ全く違います。
媚びてしまった外務役人は、仕事をこなせない無能者または有能なスパイ以外の何者でもないと思う私はきつ過ぎますか?
「外交フォーラム」に掲載された理由が、外務官僚の隠された本音といのも問題です。それが本当なら、外相なり政治家なりに進言すべきで、公然と官僚と大臣または閣僚は一枚岩ではないと公言するような者は、国政に係わる資格も資質もない。と思う私は、きつ過ぎますか?

Posted by t at 2006年01月06日 22:02
>1:中国に機密が漏れているのを懸念
>2:マスコミなどに機密が漏れているのを懸念
>3:官邸側に機密が漏れている(?)のを懸念

私が「1」の可能性を挙げたのはそういう読み方も出来るなと思っただけなんですけどね。
職員自殺を一年半も隠していたんだから隠蔽しようとしていたのは確実だし、やはり「2」なんだろうか?


真希Pさんへ
>案山子>なるほど、そう言う事なんでしょうか。

こういう場合は相手の名前には敬称を付けた方が良いですよ。
細かい事ですがトラブルの元になったりします。
クレーム処理の仕事をしてた事が有るのでちょっと気に成りましたw
Posted by 案山子 at 2006年01月06日 22:21
案山子さん>あら・・呼び捨てになってますね。すみません><
Posted by 真希P at 2006年01月07日 05:21

女性は現代的なファンから生まれた、女性の人生は、パッケージなしで、さらに多くの女性のためにお金を持っていないよりも悪化し、 ティファニー 別のドレスだけでなく、異なるパッケージを使用してパッケージ化する必要がありますそこにファッション武装した女の人生。 、 ティファニー 店舗 パッケージには、徴候の一人の男、男の献身との潜在的な野心からのコレクションであり、その彼らの将来の機会と富を示していないだけで、パッケージはまだ学生だった不可分のパートナーであり、 Tiffany ネックレス 袋は、海の知識、パッケージです。過去の成長を装備し、皆の期待を持っている!
Posted by ティファニー at 2012年06月30日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11383443

この記事へのトラックバック

外務省は同僚の死まで隠蔽するつもりだったのか…
Excerpt: 表に出なかったらどうしたんでしょうか?     対中外交 「強気」官邸、「弱気」外務省 靖国・職員自殺で食い違い                                      ..
Weblog: ☆独断雑記 XYZ
Tracked: 2006-01-06 13:09

テロが語る平和論
Excerpt: エロテロリストの名で知られるインリン・オブ・ジョイトイさん。 公式のブログを見る限り、なるほどさすがエロテロリストという感じ。 で、なんか小泉首相の年頭所感についてコメントを述べていました。 まぁち..
Weblog: 板垣のココだけの話
Tracked: 2006-01-06 18:13

南京大虐殺の真実 2007年 12月号 [雑誌]
Excerpt: 南京事件70周年の年を迎えているので中国ではアメリカも取り込み日本バッシング映画を大量に製作中。本書はそうした事態に対して無関心な日本政府とマスコミの代わり?にノロシをあげたような内容。南京事件につい..
Weblog: りさのblog
Tracked: 2008-01-23 12:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。