2006年01月25日

今まで通りに

「韓日関係は原則に基づき解決」盧大統領新年会見

【新年会見で盧武鉉大統領は、韓日関係について「原則に基づいて解決していきたい」との考えを明らかにした】

【韓日関係は文化的にこれまでになく良い関係になっているが、靖国神社参拝問題により政府間の関係で冷却関係続いていることに対し、盧大統領から手を差し出す考えはないかとの質問に答えたもの】

【盧大統領は、「ある問題について意見が異なる場合には、普遍的な原則に従うのがよい方法だ」とし、日本の主張通りにすることはできず、韓国の主張通りにするわけにもいかないと述べた】

【その上で、世界には先例があり、韓日関係もこうした先例にしたがって原則に基づいて解決すべきとの考えを示した。小泉純一郎首相の靖国参拝問題については、韓国民の受け止め方を考慮し、客観的に持つ意味を尊重すべきと述べた

【盧大統領はまた、政治と文化は多少切り離すことができるとし、政治外交の範囲内で、要求すべきことは要求し、抗議すべきことは抗議し、拒否するものは拒否するとの姿勢が必要と述べた。また正当な要求が受け入れられるよう最善を尽くすとし、けっしてあきらめないと強調した】

日本の主張通りにすることはできず、韓国の主張通りにするわけにもいかないが、韓国民の受け止め方を考慮し客観的に持つ意味を尊重すべき?

すごく矛盾してませんか?

それに原則って何ですか?どうせ都合の良い前例でも引っ張ってきてこじ付けるんでしょうに。

普遍的な原則などがあれば、この世に争いなど存在しません。法より感情を優先させ、自分の発言すら簡単に反故するような国が何を言うんでしょう。

日本にそっぽ向かれて焦ってるんでしょうか、新年会くらいは日本を忘れれば良いのにね。

そうそう、私は原則は知らないですが法則なら知っています。もちろん皆さんもご存知ですよね?

↓人気ブログランキング様へ、よかったらポチポチっと押してあげてくださいヾ(;`Д´)
banner_04.gif       banners_black.gif
人気ブログランキング様 ブログフリーク様

韓国の法則↓
1:国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける
2:第一法則において、韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける
3:第一法則において、韓国から嫌われると法則を回避できる
4:第一法則において、韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る
5:第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない
6:第3・第4則において、半島と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る
posted by 真希P at 23:07| Comment(16) | TrackBack(2) | 朝鮮半島関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【偽ドル札】米国、韓国に北朝鮮への制裁を要求 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/01/25/20060125000000.html

 踏み絵ですが、どんな斜め上が飛び出すか。
 どのあたりで『日帝の陰謀ニダ』と言い出すでしょうか。
Posted by at 2006年01月26日 00:37


新しいブログランキング「トプログ」がスタートしました !

↓↓現在「参加ブログ募集中」です。
http://toplog.jp/?cid=taka
──────────────────────────
▼▼▼▼▼▼▼ ブログ登録3大メリット ▼▼▼▼▼▼
(1)月間総合ランキング1位に10万円贈呈!
(2)週間総合ランキングTOP 20のブログを毎週「各
   マスコミ・メディアにプレスリリース」致します。
(3)あなたのブログへのアクセス数が飛躍的にUP!
──────────────────────────
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↓あなたのブログも是非、参戦登録して下さい。(無料)
http://toplog.jp/?cid=taka
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑ パソコン・モバイルのどちらからでも登録可能です!

Posted by トプログ at 2006年01月26日 17:36
はじめまして、ただの通りすがり人です。
ネットをはじめてまだ半年たってないので、「法則発動」の言葉は知ってましたが、今まで意味がいまいち分からなかったけど、ようやく分かりましたよ。
今回は勉強させていただきました。
Posted by 謎の通りすがり人 at 2006年01月26日 20:29
私も通りすがりです。通りすがりで申し訳ないけれど、もっとよく考えて発言した方がいいと思うよ。
17才なの?もっと若いと思ったよ。でもこんなに資料収集もうまいんだから、違う視点から見ることもできるし、もっと建設的な考え方もできるはず。応援してます。韓国に文句を言う前に、しっかり自分の国を見てみてほしいな。
Posted by at 2006年01月26日 23:33
私も通りすがり。通りすがりで申し訳ないけれど、もっと考えてものは言った方がいいよ。
17歳なの?もっと若いと思った。でもこんなにいろいろ考えきれるんだから、もう一歩頑張ってみてほしい。他の視点からものを見てみてほしいな。罵声やののしりでは解決しない、自分中心でも、無知すぎても話にならない。誰も納得しません。頑張れ!
Posted by at 2006年01月26日 23:37
どうも、初めましてカズ麻呂です。
何件か記事の方を読ませていただきました。

貴方の主張はほぼ私の意見と近い。しかしながら、外交というものは二面性があるものです。
一方では親密な関係を持ち友好に振舞い、もう一方では「銭勘定」つまり、国の利益を少しでも多く導いてやる事です。
他の国はすべてそれを実行しているんです。しかし日本はそれが使えない。敗戦国だからです。
つまり、歴史問題は他国の、都合のよい外交カードであって、日本はそれにただ躍らされているだけだということです。
わたしも中国や韓国の根拠のないもはや洗脳教育とも呼べる行為には、甚だ腹が立っています。
これからは、共通の歴史認識(問題は山積みだが・・・)を持つ事が何より大切だと思います。
Posted by カズ麻呂 at 2006年01月27日 03:17
おはようございます。
耳の痛いお話ですが、1つ断らせて頂きます。
私は「悪口・罵倒・罵り」と「批判」は違う物だと思っています。
根拠無く悪口を言う事を罵倒や罵りと解釈しています。
私は自分の持つ価値観や倫理観から韓国等を批判しています。ただの罵倒や罵りと取られるのは心外ではあります。

最近良く言われるのですが「もう少し建設的・別の視点で」と言う方から具体的にどうすれば良いのか指摘された事が無いのです。具体的にどのような例があるのか、若輩者に教えて頂けると嬉しいです。

自分中心というのはその通りですね。私は私に対してマイナスになる物・価値観の違う物と判断した事例に対して、自分の主観や価値観から批判しています。
皆さんもそうでは無いですか?

カズ麻呂さん>日本はサンフランシスコ条約により国際社会に復帰しました。戦犯国であろうと普通の国として認められた以上、普通の国として振舞える権利があるのではないでしょうか。
それに対して反対する国もまた、自国の利益の為に反対しているにすぎないのだと思います。

それと、私は共通の歴史認識というのは存在しないものだと思っています。
史実を学ぶというなら分かりますが、認識というのは人それぞれ違います。
1つの本を読んでも、1つのニュースを見ても、個人の価値観により感じ方は違います。立場の違う国ならばそれは顕著でしょう。
共通の歴史認識を持てとする主張は「同じ価値観を持ち・同じ歴史背景を持て」とする全体主義的な暴論なわけです。
WW2において中国にとって日本は侵略者・日本にとって中国は侵略した国。ここですでに立場が違う以上、共通の認識を持つ事は不可能なわけです。
Posted by 真希P at 2006年01月27日 07:18
まったくもってこのノムヒョンというのは頭が悪い。日本の人権派弁護士と同程度かな。

普遍的な原則に則って物事を解決するならば、
1.植民地支配の賠償はなく謝罪もしない。さらに言うならば、日本は搾取された側で、植民地支配などしていないが。
2.不法に占領された竹島は武力で取り返す。
3.捏造された歴史には正式に反論する。
などを、考慮しなくてはならないのでは。

建設的な考え方のできないバカどもが存在することを日本のマスコミが隠蔽するから、真実を知らしめるべくこういったブログが必要になるのだ。真希さん、今後も頑張ってください。貴方のような若い人の力に期待しています。
Posted by 中年のおじさん at 2006年01月27日 22:38
おや、・・・自分の書き込みのあとに妙な書き込みがありますね?。もっとよく考えて発言した方がいいって、自分にも言われているのかな?。
まあ、ちなみに自分は30代のお兄さんです。ついでに言うと自分の17才の頃を思い出してもここの管理人さんのような発想も考えもなかったですね。自分から言わせれば、最近の17才は結構立派ですよ。
まあ、若い内は色々とあるもの、17才で縮こまった発想や考えに閉じこもるより、思い悩みながら経験をする方が有益です。他人に迷惑をかけない程度にはっちゃけるのも、また人生ですよ(苦笑)

さて、具体的にどうすれば良いのかとご指摘されてますので参考の一例として、ロジャース選集と言う本を紹介しておきます。
カウンセリングの世界では超有名な人物の著書で、簡単に書くと、人は常に有るべき姿に囚われてその枠に縛られて矛盾した人生を送っています。対してロジャースはクライアント・センタード・セラピーで、有るべき姿に囚われるのではなく、今ある自分の有るがままの姿を見つめて受け入れる事から、新たな気付きが生まれ、人はよりよき人生を歩みだすというものです(自己不一致理論)。
・・・・ごめん、うまく説明できなくて。まあ要するに、他人の目を気にして自分を偽るのでなく、有りのままの今の自分を感じて自分らしく生きましょうってこと。
カウンセリングの世界ではそんな考えがあります。
・・・他の視点からも見て欲しいと言う要望もあるわけですし、人は歴史と外交だけで生きているわけではないですし、視点を変えると、世界って結構広いんですよね(色々な意味で)。
てなわけで、中立的視点の一例としてロジャース選集と言う本を紹介しておきます。
なお、これ強制でないし、気が向かなかったら無視してもらって結構ですよ。
では、真希さん及び皆さんのこれからも幸多いことを願って、お兄さんは去らしていただきます。
長文・駄文・愚考失礼しました。
Posted by 謎の通りすがり人 at 2006年01月27日 23:50
あの〜、たとえ権利があっても、それを行使する権利というのは、また別問題ですよ。(分っていますか?)
他国には交戦権がありますよね?中国がムカつくからといって、行使する権利があるんでしょうか?

それから、共通の歴史認識ということを私は書きました。
説明不足なんで、ここで簡単に説明しておきます。
もちろん、史実をもとにすることは当然で、史料から客観的に捉えなければならないわけですから、それなりの分析集団が集まらなければならないわけです(人選は慎重に。。。。説明すると長くなるんでやめます。)
他国間との「外交法」のようなものです。(この場合は国対国で、国際法とは違う)

そういった共通の歴史観みたいなものが存在しなければ、他国の内政干渉も防げないわけです。多国間とのやりとりは、現状どうり、すれ違いばかりですよ・・・
貴方が、韓国を嫌っているように、韓国人が日本を嫌っているのと同程度の問題じゃないかなと思うんですよ。
それを辞めさせるべきだというなら、そういった方法しか見当たらないんですが・・

それを全体主義の暴論とするなら、日本国内の法律もすべて暴論になってしまいます(笑)。

それぞれの国にはそれぞれの法律、規則があり、同様に、県、市・長・村にも同様に存在するんですよ。
さらにいうならば、各家庭にも規則が存在するんじゃないですか?

人間世界は法などの規制の中で、形而下で判断するしか仕方がないわけです。

Posted by カズ麻呂 at 2006年01月28日 00:00
韓国大統領としても苦しい立場ではありますわね。
経済面では日本との関係は切っても切れませんが国民の支持率は欲しい。
政策として反日推奨してしまったので急に方向転換も出来ないという袋小路に入ってしまった点は考慮してあげるべきかもしれません。

原則、一応、とりあえず。
などなど、日本語にはあいまいな言葉が多いのですが、他国も同じですかね?政治家や決定権を持つ人が大まかに話す時にはよく出てくると思います。決定しちゃうと撤回できませんから(^^;

あと、条約を国として結んだ以上、条約に名前ののった国とは戦争での事はこれで決着が付いた。
戦争の事は過去の事としてこれから新しくやっていきましょう。っていう事だと思います。
権利とかではなく、条約結んだ以上国として対等だし、過去の問題を今更出してくるのは反則でしょ?
日中和平条約と共同声明を見ればあきらかですし。
それを踏まえて日本が内政干渉と言い放てばいいだけなんですけれどねぇ・・・。
Posted by saka at 2006年01月28日 09:19
カズ麻呂さん、こんにちは(^^)

>あの〜、たとえ権利があっても、それを行使する権利というのは、また別問題ですよ。(分っていますか?)

あの、揚げ足取るようで申し訳ないのですが、権利があれば行使する権利も自ずと備わっているのではないでしょうか?
権利を行使するしないは、政治的判断っていうだけです。
極論を言ってしまえば、明日中国相手に宣戦布告する権利も存在しますし行使も可能です。

歴史の共通認識は、以下の点で難しいですよね

@利害関係にある国で共通認識を作るのが難しい。
A共通認識を作成した時点での発言力の大きい意見が採用されやすい。
B捏造された歴史が多すぎ、捏造を行った国家の圧力が予想される。
C国策に有利な内容の歴史を教えている国が多く仮に公正な共通認識が出来たとしても浸透するか
怪しい。

特に、協力に反日教育を進めいる特定アジアと左がかった歴史が中心となっている現状の日本を考えると共通認識の歴史って何?・・・と思ってしまいます。

比較的共通認識の得やすい一例を挙げると明治維新の時に京都で治安維持に当たった会津藩を時代に逆らった立場と記載され、暗殺や放火など犯罪行為を行った人を維新の志士としています。
歴史とは、勝者の主張ということが端的にわかると思います。
Posted by ろこ at 2006年01月28日 13:39
もう一度言います。

権利を持っていても、それを「行使する権利」とは、また別問題です。
一国の政治的判断でイラク戦争を発動してもいいんですか。そもそも、政治的判断の定義は何なのか?

政治的判断はどうにでも判断が可能ですよ。そんな曖昧な語はもはや通用しないでしょう。
例えば、アメリカだったら、ブッシュの個人的な判断(+ネオコンの圧力)で勝手に政治的判断が歪められても、権利が生じるんだとのお考えですか。

だから、権利の発動とは別問題と主張してるんです。

しかも、アメリカ国民はいとも簡単にイラク戦争を支持しましたよね。

それから、最後に

>明治維新の時に京都で治安維持に当たった会津藩を時代に逆らった立場と記載され、暗殺や放火など犯罪行為を行った人を維新の志士としています。

とありますが、これこそ「歪められた政治的判断」の典型なんではないでしょうか。

歴史が勝者によって主導されてきた、という点に関しては同意です。
しかし、イラク戦争を期にアメリカの大義名分は崩れ、イラクの無辜の民を無差別に殺害したアメリカは、果たして本当の意味での勝者か?

むしろ、あの事でアメリカの品格は地に落ちたといえるのではないか(もともとあまり無いが)。
イラク国民に対して同情的な人々が多いということから見ても明らかだ。


Posted by カズ麻呂 at 2006年01月29日 02:33
良いか悪いかはともかく
一国のトップが判断したのであれば、戦争を発動する権利はあります。戦争は外交政策の一環ですから。
政治的判断とは、その国にとって国益となる行動は何か?と言う事を元に分析され判断されたものじゃないかと。
選挙で大統領が選ばれた以上それがアメリカの意思として判断されます。勝手と見るかどうかはまた別の所ですよね。
もちろん国際世論として批判する事は可能です。

国家戦略レベルと政治戦術レベルの話をごっちゃにすると話の整合性は取れないと思いますよ。

具体的に建設的な発言ってのは難しいと思いますが、発言、行動だけで無く相手の立場やその背景まで考えていく事じゃないですかね?

仕事でも良く有りますが、一方的な批判や理想諭を言うだけなら幾らでも出来ます。
批判や理想だけで無く、改善点や原因などを上げる事によって多少なりとも前向きになるのかなと思いますね。

とは言え、いろんな人の表現方法がありますのでどれが正解というのは無いと思いますね。
一刀両断した方が気分良く読める時もありますし、面白おかしく書いた方が伝わり易い事もあります。
書き手も多数、読み手も多数、色々で良いんじゃないですかね?
まあ、私の場合は、優等生的書き方ですがw^^;
Posted by saka at 2006年01月29日 09:07
カズ麻呂さん、こんにちは(^^)

カズ麻呂さんが言われる「行使する権利」とは何でしょうか?
イラク戦争を例に取られているみたいですが、実際戦争は起きているわけですから行使はされていますよね?
倫理的な意味合いであれば、そもそも交戦権のとらえ方自体が違ったものとなりませんか?

政治的判断の定義ですが、国(場合によっては地方)として判断した結果と思っております。
イラク戦争においては、アメリカ合衆国として判断を下した結果ですからそれは政治的判断ではないでしょうか?
それに対する、倫理感や世論とは切り離して考える必要があります。

あと、引用して頂いた部分ですが、「歴史の共通認識」は難しいとの例示ですので、前半部分と切り離して解釈して頂けると助かります。
Posted by ろこ at 2006年01月29日 14:45
あなたはブリーフケースがあまりにも厳しいと思われる場合は、ルブタン シンデレラ 靴 ブリーフケースを運ぶためにしようとする女性のスタイルのバッグを反映しています。利点は、より合理的なあなたは多くの専門家でなければなりませんよりもビニール袋や紙袋を持って、ルブタン 財布 多くのオブジェクトとして配置することである。バック財布、トリーバーチ激安女性は右の上を歩くの女性と男性の対応が習慣、右の肩に戻っているはずです。ブリーフケースやハンドバッグ、変更の手と不意つかまえた。
Posted by ルブタン シンデレラ 靴 at 2012年09月19日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ナベツネはひっこんでろ_| ̄|○
Excerpt: 写真 ゼロからイチにするのは並大抵の人ではできまい。 オンザエッジ時代から最近までのし上がってきた 逆に言えば、なぜそのような人間が法に触れるような事を? 努力もして??
Weblog: 語り部屋
Tracked: 2006-01-26 15:16

人権の無い国3
Excerpt: 中国は思想・結社・表現の自由の無い国です。 ここ試験に出ますよ。重要なポイントです。 日本の大切な隣人と本気で思っている人のセンスが分かりません。
Weblog: 神のいどころ
Tracked: 2006-01-28 01:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。