2006年01月29日

中国の世界最悪24項目

法輪功関連団体が配信している大紀元というメディアがあります。法輪功は中国で弾圧されていて、そのせいもあり中国共産党に対立的です。

その大紀元から↓こんな記事が発信されています。

中共政権下の中国、驚愕の世界最悪(?)24項目

【近年、中国は急速な経済発展を遂げている一方、官と民の生活格差や悲惨な貧困層の生活ぶりなど経済大国まっしぐらにふさわしくない様相が、世界の関心を集めている】

【博訊ネットは、ユニークな観点から、現代中国の裏の社会現象を24項目に纏めている。情報ソースやデータは明らかにされていないが、中共政権下の中国社会の影の部分をかいまみせてくれる】

1:中共政権が教育に投じた予算はアフリカのウガンダにも及ばず、学校へ行けない、または中退する児童数は世界最悪

2:中国では、子供が大学に通うために巨額な資金が必要である。貧困家庭では、資金繰りに疲れた両親が自殺したり、一家離散になったりするケースが多発しており、その件数は世界最悪

3:社会医療保障を受けられない農民の数は9億人で、世界最悪

4:毎年発生する炭鉱事故および遭難者の数は世界最悪

5:ここ10年間で、汚職官僚が国家の財産を海外へ持ち出したために取り戻せなくなった金額は500億米ドルに達した。世界最悪

6:政府職員が毎年濫用した公金は3000億人民元以上で、世界最悪。(2002年、長江・三峡ダムの建設費は2000億人民元だった)

7:政府職員が公務で出張する際に使用した交通費は2000億人民元以上に上る。世界最悪

8:中央テレビ局は新しいビルを建設するのに70億人民元の予算を取っている。世界最悪

9:国民一人当たりの年間平均収入は1090米ドル。高度経済成長を遂げていると言われる大国だ が、人民の収入は世界第100位である

10:現在中国国内で強制的に売春婦にさせられた女性の数、および売春の件数は世界最悪

11:売春職業を一掃するために、婦女に対して暴力を振るい、法律を強いる。これは世界で稀にみられることだ

12:中国大都市の発展水準は欧米と同程度にもかかわらず、殆どの農村ではアフリカの貧困国家の農村と同様の貧しい生活をしている。都市と農村の生活水準格差は世界最悪

13:都市建設および都市での労働にかかわる農民、労働者には、福利厚生制度がなく、これら無保証で働く労働者の人数は世界最多。世界最悪

14:世界で大国と呼ばれる国では、国民は義務(無料)教育を享受しているのに対して、中共政権は中高生から高額の学費を徴収する

15:国連の常任理事国として、また、悠久の歴史および広大な領域を持つ大国の中で唯一、先端ハイテク兵器を輸入している国である

16:現代化設備を備えている中国工場で働く工員の賃金は、メキシコ国内で働く工員の賃金より低く、ひいては隣国ベトナムなどの国よりも低賃金である

17:中国は取り急ぎ入用な民間航空機等の工業用品と交換するため、Tシャツ、ショーツなどのものしか輸出できず、アフリカの小国と同程度。全く珍しい

18:中国各級政府庁舎の豪華さは、裕福である日米政府庁舎より豪華であることもしばしばであり、これには日米政府も驚いた。世界最悪

19:中共政府筋の報道によれば、現在、中国国内の官と民の比率は1:28(一説には1:15)で、世界最悪

20:中共は、実際には分裂状態になっており、国家統一を実現しておらず、一部の領土や海域も未回収のままである。北朝鮮と韓国を除き、中共は世界で唯一統一されていない国である

21:地方政府職員の違法行為に対して監督処罰を行う、中共各級政府職員からなる「中央/部委監査グループ」という機関がある。彼らの任務は各地へ出張し、地方政府職員の違法行為を懸命に摘発、懲罰する。彼らの仕事振りは、全世界公務員の模範?

22:中国の農民達は北京、深センなど大きい都市を訪ねる際、必ず「一時宿泊証」の手続きを行ったうえで初めて宿泊できるという。世界でも珍しい

23:中共の政府職員達の中から「大都市への進入制限制度」が提案された。いわゆる素質の低い国民が大都市へ進入するのを防ぐ政策だ。国民間での差別をあおる政府側の提案

24:中共政権下で4年間大学に通うためにかかる学費は、農家一家が41年間 飲まず食わずに労働して得る収入に相当し、世界でも学費が二番目に高い日本の3倍で、世界最悪

個人的には環境汚染なども入れて欲しい所。世界最悪クラスなのは間違いないと思いますから。↓こういうのとか

「魚、捕ろう」と殺虫剤を川へ、出頭理由に軽い処分

手間ひまをかけずに魚を捕ろうと、浙江省を流れる甌江に、農民3人が2005年10月に、殺虫剤を大量に投入。汚染のため、沿岸部では十数時間に渡り、断水になった。3人に対する一審の判決が20日に下されたが、最高でも「6カ月の拘留」という軽い処分となった。現代金報が伝えた】

【3人は、05年10月24日に、殺虫剤である「フェンプロパトリン」17瓶分を甌江に投げこんだ。その場で魚60キログラムあまりを捕ることができたという】

【汚染により、沿岸にある龍泉市では、取水を停止。そのため、十数時間に渡り、断水が発生した。おおごとになると良くないと考えた3人は出頭をした】

【しかし、死んだ魚はあわせて2トン超で、漁業資源が回復するには、2−3年程度が必要になる見込みだ】

【20日には3人に対する一審判決が下されたが、3人のうち1人が未成年であることや、出頭したことなど情状酌量の余地があるとして、最高でも「6カ月の拘留」との軽い処分となった】

【なお、同省では05年12月にも、農薬が原因と見られる「魚の大量死」事件が発覚している】

意識が低すぎるのか、ただの馬鹿なのか。まぁ両方なんでしょうね。

薬品で殺して捕った魚は自分も食べるはず。私には理解出来ない領域です。

そうそう、フェンプロパトリンは中国産の冷凍食品から見つかって大問題になったことがあるそうです。

ますます中国産食品を食べれない今日この頃です。

↓人気ブログランキング様へ、よかったらポチポチっと押してあげてくださいヾ(;´Д`)
banner_04.gif       banners_black.gif
人気ブログランキング様 ブログフリーク様
posted by 真希P at 17:28| Comment(10) | TrackBack(1) | 朝鮮半島関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませて頂いております。
今日は日報に香ばしい記事があったので置いていきます。

■ネット利用者、悪意のコメントに対する法的措置に賛成

 韓国のネット利用者の10人中7人以上が、悪意のある返信コメント(悪意のレス)に対する法的措置に賛成していることが分かった。
 ポータルサイトのネイバーが、悪意のある返信コメントの法的措置についてオンライン投票を実施した結果、27日午後現在、投票参加者7300人余のうち5200人余(約72%)が「悪意の返信コメントによる攻撃が深刻なレベルにあり、賛成する」と答えた。「表現の自由の侵害であり、反対する」という意見は28%をやや上回った。

朝鮮日報

はい、判断し、裁くのはモチ韓国人ですよね?
日本へのサイバーテロは良いと断言した国ですよね?

うほっwいい香りww
Posted by canna at 2006年01月29日 20:34
>殺虫剤である「フェンプロパトリン」17瓶分を甌江に投げこんだ。その場で魚60キログラムあまりを捕ることができた

この前はベンゼン流してましたね。
Posted by at 2006年01月29日 20:40
見ているとお金の項目が目立ちます
この膨大な資金は
ODAや不発弾処理費用
交流と名目打った各文化事業で
日本が提供したお金ではないのですか?

中国の世界最悪は日本の媚に原因があるとすると一方的に批難する前に自国の膿をどうにかしないとならないようです
Posted by d at 2006年01月30日 02:25
中国の農村部の現状、想像が追いつかないほど酷いんでしょうね。中国共産党青年組織とインターネット関連会社が、(貧しい)農民が兵士(プレーヤー)になって日本軍を倒すオンラインゲームを共同で開発中だそうです。若者の愛国心を養うのが目的だそうですが、ひょっとして農民の暴動の矛先を日本に向けようとしているのかしら・・・と私は深読みしました。まあ、暴動おこすような立場の人々はインターネット利用できるような環境にないですけどね。

何日か前に、”批判ばかりに偏らず建設的なことを考えては・・・”といった風なコメントがありましたが、対中に関する建設的な考えって、具体的にはどういう考えなんでしょうね?

内側からじわじわと崩壊した場合、難民になった人達がどっと日本に押し寄せる可能性がありますし。人道的な理由等で日本は多額の支援をしなければならないでしょうし。それを避けるためには、現政府が崩壊しないよう嫌々ながら支援を続けていく・・・ぐらいでしょうか。ムカつきますね。

かなりセコイですが、北京オリンピックの開催にあわせ、世界のマスコミが共産党の非道っぷりを報道し、かの国が世界的な非難を轟々とあびることを希望します。
Posted by Y at 2006年01月30日 05:56
どうなってるんだぁ中国!!
Posted by まっそ at 2006年01月30日 14:36
北京オリンピックは、やはりボイコットしないといけないと思う。こんな国がオリンピックしてはいけないと思います。
オリンピックを、中国に利用させてはいけないと思います。
Posted by しらたま at 2006年01月30日 14:44
ぼくはそんなに中国とは直接かかわることは無い。日本は大陸から様々なものを学んだと思う。
しかし暴動とはいったい…

なにがそうさせるのでしょうか??

日本っていいですね。
Posted by at 2006年01月30日 17:48
いつも楽しく拝見してます。

各国の日本依存度がこれだけ高いにも関わらず、日本政府が外交で及び腰な理由は、日本の実力者たちが強力なロビー活動をしていないから、と私は考えます。

さらにその理由は、と考えると、多国籍企業などの経営者にとって、「日本が税制・法制などの面で企業国籍選択の面で問題外のため」、「日本の環境を変えようとする意欲が弱い」点を、私は考えます。

私のブログをぜひ御覧下さい。理人(マサト)部分クリックで飛べると思います。上記理由には「ブッ飛んでる連中」の「ブッ飛んでる価値観」が結びついているという姿が、ご理解いただけるのではないでしょうか。
Posted by 理人(マサト) at 2006年01月30日 20:05
さすが「この厄介な国、中国」(岡田 英弘【著】)ですね?

今週号のSAPIO(国際情報誌サピオ)に興味深い記事が載っていますね?
中国には「靖国カード」がダメなら
「天皇の戦争責任」追及があるという仰天情報     
ジャーナリスト山村明義

とても興味深い記事でした。
参考になれば幸いです。
Posted by 性字評論家 at 2006年01月30日 22:32
この国は本当に常任理事国なのでしょうか。
こんな国がオリンピックを開催する資格があるんでしょうか。この24項目以外にも、環境問題、人権問題など、問題は山積み。
紛争だって山ほどあります。
ごり押しされてウヤムヤにされないように、日本はガンガン糾弾していって欲しい所。
Posted by 真希P at 2006年01月31日 06:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12456245

この記事へのトラックバック

不審者メール 
Excerpt: 最近生活のリズムがおかしくなっている。 人気blogランキングへ よろしくお願いします。 家に帰り一合ほど酒を飲み、その後ニュースを見ながら横になっていると、知らず知らずの内..
Weblog: びっくり★          
Tracked: 2006-01-29 23:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。