2006年01月30日

ヒューザー逆切れ

韓国とはあまり関連性が無いですが、頭に来るニュースという事で、皆さんご存知だと思いますが。

ヒューザーが18自治体に139億円賠償提訴

【耐震データ偽造事件に絡み、建築主のヒューザーが30日、建築確認の際に姉歯秀次元1級建築士の偽造を見逃したのは自治体の責任として、東京都、横浜市など18自治体に総額約139億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした

【提訴には約2000万円の印紙代がかかった。被害住民からは「そんなに金があるなら住民に配分すべきだ」と怒りの声が上がり、提訴された自治体も「言語道断。本末転倒だ」とあきれていた】

【提訴されたのは、姉歯元建築士が関与した26のマンションが建つ自治体。横浜市や東京都北区など実際に建築確認をした自治体のほか、指定確認検査機関に代行させた自治体についても、「確認の権限がある」として訴えの対象とした】

【賠償額については、▽ヒューザーが買い主に賠償義務を負う売却済みマンションの解体・耐震補強費用など約84億円▽物件を売却出来なかったことによる損害約25億円▽社会的信用低下に伴う損害など30億円――を積算した。姉歯元建築士に対しては、賠償責任が認められても回収の見込みが薄いと判断し、提訴を見送った】

素晴らしい逆切れです、逆切れの見本。

自分が犯した犯罪を棚に上げて、見抜けなかった行政に責任転嫁ですか。

行政にも責任があるとして、ヒューザーの犯罪が無くなるわけじゃないんですよね。

私が一番良いと思うのは、ヒューザーと社長がミイラになるまで絞って建物や被害者の賠償や建て直し。

行政は見抜けなかった責任として、資金を投入して監査方法の見直しと整備。今後同じ事が起きないようにね。

これが普通だと思いますけどね。

↓人気ブログランキング様へ、よかったらポチポチっと押してあげてくださいヾ(;`Д´)
banner_04.gif       banners_black.gif
人気ブログランキング様 ブログフリーク様

ここから↓は根拠の無い独り言。

ヒューザーに始まる土建屋は創価が深く関わってるそうですね。
ヒューザーなどへの就職内定で創価大学が非常に多いとか。
土建などに絡んでる国土交通大臣は公明党の北側ですね、当然創価大学卒業。
公明党が国土交通大臣の枠を確保したかったのも、こうした利権絡みって話でしたっけ。
創価と言えば、韓国臭漂うカルト集団ですね。ヒューザーの逆切れなんか思いっきり韓国臭いですね。
特に資料も無いし、根拠も無いです。スルっと流して下さいませ。( ´ω`)ノシ
posted by 真希P at 23:31| Comment(6) | TrackBack(3) | ちょっとした出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか「アメリカンジョーク」みたいですね?
泥棒が盗みをしようとして、屋根が壊れて建築やを訴訟したみたいな感じですか?
かなり居酒屋での笑い話みたいな話ですね?
それより良く訴えられそう(?)な人が訴えられますね?
毒物カレーに事件で聞いた話が...
Posted by 性字評論家 at 2006年01月30日 23:52
初めてコメントさせていただきます。
偽装建築問題は創価学会が大きく関わっているとネットで読んだのですが、マスコミの報道にも出てきませんし国会でも取り上げられないのに不自然さを感じます。やっぱり公明党を与党から引きずり落とさない限り触れられないのでしょう。
Posted by 小町 at 2006年01月31日 12:22
初めまして。
私も毎日報道されるこの報道には、
驚きを通り超えてあきれてしまいます。

証言拒否も卑怯ですよね。
Posted by りえ at 2006年01月31日 12:56
創価が関わっている様ですが、母が学会員である自分としては複雑な心境です。創価の実態を納得してもらいたいと思うのですが、純粋に信じている母の姿を見ていると、戸惑ってしまいます。
しかし、悪事をしたのなら、それを許す事は無く、堂々と糾弾するべきだとも思います。
Posted by kin at 2006年01月31日 15:24
ヒューザーとかの責任について否定するわけではありませんが・・・
マンション強度問題で、一番疑問に思うのが何故行政が「建て直し」にこだわるかっていうことです。

なぜなら
震度6の耐震性がない=震度6の地震が発生したら崩れる
ではないからです。

むろん、強度が極端に低いのは建て直しも否定しませんが、そこそこの強度を持つ建物はそのままで良いと思います。
一見、居住者に冷たいように思われますが、住宅ローンを抱えている身としては・・・欠陥住宅のローンに立て替え分を合わせて払うと想像しただけでぞっとします(^^;

ヒューザーはどう見ても肩代わり出来るだけの資金はなさそうだし、行政は私有財産に対しては撤去費用の負担と低金利貸し付けぐらいでしょう(^^;

もし、それほどひどくない状態ならばそのまま住み続けるっていうのがローンをかっかえている身には一番優しそうです。
Posted by ろこ at 2006年01月31日 21:18
すみません…、ヒューザーの小嶋はうちの高校出身です…。肩身狭いです。
テレビでも進学率99%をほこる県内でも有数の進学校…と紹介されました。嘘です。ありえません。
みなさん、本当に信じれるものを自分の力で見つけてください。そういう時代なんです。

駄文失礼しました。
Posted by 板垣 at 2006年01月31日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12530026

この記事へのトラックバック

ヒューザー18自治体を提訴
Excerpt:  小嶋社長も崖っぷちに追い込まれて、予てから主張していた自治体への損害賠償訴訟に
Weblog: taki-log@たきもと事務所
Tracked: 2006-01-31 00:42

責任をトス
Excerpt: 四字熟語なら責任転嫁、流行語なら想定外、一般的には逆切れ。
Weblog: プリンに抹茶と生クリーム
Tracked: 2006-01-31 01:19

環境にやさしく
Excerpt: スターバックス。 近所にあるにもかかわらず、そんなに行ったことはなかったのだけれど。 ここ1週間で、ハマってしましました! 朝スタバするとなんだかオシャレ~な気分になるんですわ☆ ビンボーなわたく..
Weblog: NO やさしい気持ち,NO life
Tracked: 2006-01-31 16:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。