2005年10月18日

「中国は後悔するだろう」小泉総理発言

今回の小泉総理の靖国参拝は私的参拝を前面に出した、少し弱気な参拝だと思っていました、が!

小泉首相靖国参拝 「心の問題」決意貫く 中韓の干渉強く牽制

【小泉首相の靖国参拝は、五回目となった今回も情報が官邸から漏れることなく決行された。首相秘書官が報道各社に「午前中に参拝します」と連絡し始めたのが十七日午前八時前】

【参拝後、公明党の神崎武法代表は「きちんと連絡を入れてほしかった」と強い不満を漏らしたが、与党幹部に事前に伝えれば情報が漏れ、混乱を起こしかねないと首相サイドが判断したのは明白だった】

【十七日は、靖国神社の最重要行事である秋季例大祭の初日。歴代首相の参拝日は春秋の例大祭時が通例だったほか、郵政民営化法が十四日に成立、外交日程が立て込む前に参拝を済ませた方が、対外関係への影響を最小限に抑えられるとの読みがあった】

【「一人の国民として心を込めて参拝した。二度と戦争を起こしてはならないという不戦の決意で祈った。日本はこれからもアジア諸国との関係を重視していきたい」】

【首相は十七日昼の政府・与党連絡会議でこう参拝の「真意」を口にした。だが、おさまらない神崎代表は「中国などの反発が強まる」と迫った】

【◆中国は「前提」】

【昨年元日の参拝時、首相は記者団に悩ましい心境を吐露している。「心ならずも戦地で倒れた方々や、やむをえず戦場に行かれた方に哀悼の意を表明している」と説明してきたが、中国側は聞く耳を持たない】

【一方で、首相サイドは昨年十一月のラオスとチリ、今年四月のインドネシアと過去三回開かれた日中首脳会談の前に「首相は時期は別として、靖国神社を参拝する。それでもいいなら会談を受ける」と非公式に打診していた

【それでも中国側が会談に応じたのは、表では国内向けに靖国参拝を批判はするが、裏では首相の靖国参拝をあきらめ、他の課題について協議する損得勘定をしていたためともいえる】

【このため、中国が、歴史問題で日本に踏み絵を迫り、「日本より優位に立つための口実に過ぎない」(周辺)と首相が見切っていたフシがある】

【首相は周囲に「靖国で譲れば日中関係が円滑にいくなんて考えるのは間違いだ。靖国の後は教科書、尖閣諸島、石油ガス田…と次々に押し込んでくる」と漏らしており、中国に強い警戒感を抱いている】

【首相は十七日夕、記者団にこう言い切った。日本の内政問題である靖国参拝に干渉してくる中国や韓国を強く牽制(けんせい)したのだ。中国は今年、王毅駐日大使らが、「日本の政界、財界、マスコミを回って参拝中止への協力を呼びかけた」(自民党幹部)とされる】

【この日の参拝は、大阪高裁が傍論で違憲判断を示したこともあり、神道色を薄めるため昇殿参拝は行わず、私費による献花料の支払いもしなかったが、参拝すること自体は譲らなかった】

【首相は最近、「中国は、日本人の心の問題にまで踏み込んだことを後悔するだろう」と周囲に語っている】

弱腰なんてとんでもない・・。小泉総理ハッキリ言いますねぇ・・。

それと、やっぱり中国は知ってたようですね、遺憾表明なんて白々しい。

靖国問題が解決しないと東シナ海等の問題が解決するわけが無いとか言ってましたね。

所詮はこじ付けって事です。最初から引く気なんて無いんです。総理にはこれからも毅然とした態度で外交を行って欲しいと思います。

神崎代表は日本の政治家じゃないですね、どこまで媚々なんだか・・。そんなに中国の顔色が気になるなら大陸に行ってもらえれば良いのです。

日本を売らないで頂きたい。

↓人気ブログランキング様へ、よかったらポチポチっと押してあげてくださいヾ(*´ー`)
banner_04.gif banners_black.gif

鳥取で人権救済法案が可決されてしまいました。

ですが、地方自治法によると有権者の50分の1の署名で条例の改廃、3分の1で知事のリコール請求が出来ます。

鳥取に住む方々には在日やその他外国人が押しかける前に行動を起こして頂きたいと思います。

私達も改廃に向けた世論作りの後押しをしていきましょう。

鳥取県庁 総務部 人権局 鳥取県鳥取市東町1-220
Tel:【0857-26-7120】
Fax:【0857-26-8138】
人権推進課:【jinkensuishin@pref.tottori.jp】
同和対策課:【douwataisaku@pref.tottori.jp】

福岡県庁 保健福祉部 人権・同和対策局調整課 福岡市博多区東公園7-7
Tel:【092-651-1111】
Mail:【chosei@pref.fukuoka.lg.jp】
posted by 真希P at 22:25| Comment(22) | TrackBack(7) | 国内問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、以前から楽しく読まさせて頂いております。
私も今回の参拝は弱気だなと思っていたのですがこの記事の言っていることが真実ならば、来年の任期切れの前には是非8月15日に行ってもらいたいですね。
昨夜のニュースJAPANでアーミテージ元国務副長官のインタビューが放送されていたのですが、靖国参拝について以前の肯定的な発言と違って「自己の行動に責任を取らなければならない」といった趣旨の発言をしていたのが気になるところですが。
Posted by イチ日本人 at 2005年10月19日 01:19
 
永住外国人参政権の危険性について…。
http://park6.wakwak.com/~webyama/CitizenWar/kankoku/Kage06.htm
 
Posted by top at 2005年10月19日 02:13
どうやって後悔させるのかな?
とちょっと突っ込んでみる。
Posted by yumicchi at 2005年10月19日 13:53
>どうやって後悔させるのかな?

特定アジアが騒げば騒ぐほど安倍さんの支持率が上がって「安倍総理」が誕生するって言うのはどうでしょうか(^^)

さてさて、日本人って周囲に遠慮して結構我慢するじゃないですか(^^)
多少、無理いわれても相手方を立ててみたいなとこってありますよね
でも、心の中では結構むかついていたりするわけですよ・・・

靖国参拝反対なひとも、このタイプな人けっこういそですよね
結果、特定アジアの国々が騒げば騒ぐほど日本人の怒りが蓄積されていくわけですよ・・・

中国の経済成長って結局の所、外資企業が投資するかしないかにかかっているわけでチャイナリスクに嫌気さして投資が止まればそこで止まってしまうと私は思います。
その結果、市場としてのうまみも一定の経済発展がないと生じないわけですから・・・こちらもあまり期待できないのではないかと

禍の国に関しては、すでに凋落兆しがあちこちに見えていますし・・・次に経済破綻したら元に戻れるかどうか・・・

それらをふまえた上で、賢明な企業は他の地域へ投資をシフトしていることと思います。
Posted by ろこ at 2005年10月19日 14:57
【中国よ反日有難う】。お陰で多くの日本人は中国に幻想を抱かなくなり、中国は最低の国だと思うようになりました。歴史もきちんと勉強しました。中国や韓国は自分の歴史を改竄し美化していることがよく分かりました。あなた方の国は尊敬できるような国ではありません。「友好」は決して望みません。崩壊しそうな国からの撤退も始まるでしょう。全ては自業自得です。
Posted by かつとし at 2005年10月19日 16:17
ブログランキングサイト「ブログフリーク」がオープン!!

只今【 iPod nano 】が当たるキャンペーンを実施中です。

皆様のご登録・ご参加をお待ち申し上げております。

目指せ、アクセスアップ!



ブログフリーク
http://blogfreak.jp/

お問い合わせはコチラから
http://blogfreak.jp/ask/
Posted by ブログフリーク at 2005年10月19日 16:29
靖国参拝の正当性訴えを 自民若手「支持する会」

 自民党の「平和を願い真の国益を考え靖国参拝を支持する若手国会議員の会」は18日の会合で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を歓迎し、参拝継続の正当性を内外に訴えていくことを確認した。

 赤城徳彦副会長は「首相が国のために殉じた英霊の眠る靖国神社にお参りできなくなる方が問題だ。(参拝支持の)考え方を整理し、きちっとした行動で世間に知らしめていくことが大事だ」と強調した。

 顧問の安倍晋三幹事長代理も「中国、韓国には誠意を持って説明していけば中期的に理解を得られる」と述べた。

 会合では、首相の参拝を「違憲」と認定した先月末の大阪高裁判決を批判する意見が続出。首相が拝殿前で一礼する参拝にとどめたことについて、講師に招かれたジャーナリストの桜井よしこ氏が「日本の礼節や伝統に反する遺憾な参拝の仕方だった」と批判すると、同調する声も上がった。

 新人を含む衆参約50議員が出席した。(共同)

(10/18 22:16)
http://www.sankei.co.jp/news/051018/sei111.htm






Posted by at 2005年10月19日 16:34
日本から観光客が行かない、日本企業撤退、ODA停止、国連分担金払えとなったら、中国は後悔するでしょうねw

春にやった反日デモはやりすぎましたし
失敗したと、中国政府もわかってるから最近はおとなしいのだと思いますよ。
オリンピックも控えてますしね。

今後の生産業は、中国で生産するよりもベトナムなどの東南アジアにシフトしていくような気がします。
※政治云々よりも人件費の高騰なども考えて。
Posted by saka at 2005年10月19日 17:35
>どうやって後悔させるのかな?
自然と日本人が寄りつかなくなり「大人の関係」になっていくんじゃないかな〜。
身も蓋もない言い方をすると「村八分」状態。
火事と葬式ぐらいは手を貸すけど他はスルーで。

>※政治云々よりも人件費の高騰なども考えて。
ことあるごとにストライキされたら洒落になりませんしねぇ。
Posted by 小間使い at 2005年10月19日 18:12
何だか調子が悪いので本日の記事は書きなぐっちゃいました。お許しのほどを。

日本が撤退したら一番困るのは特定アジアなんですよね。特に中国がダメならインドや東南アジアに展開すれば良い。日本は割と気楽そうですね。

そういえば、アメリカが日本の国連分担金削減に前向きでしたね、中国はあからさまに噛み付いてましたけど。
最近、中国が日本の動きを支持した事ってありました?反対・非難ばかりでうんざりです。

最近あまりコメント返せないでゴメンナサイ。
ちゃんとチェックしてるのでお許しをm( )m
Posted by 真希P at 2005年10月19日 18:49
>そういえば、アメリカが日本の国連分担金削減に前向きでしたね、中国はあからさまに噛み付いてましたけど。

ロシアも文句いってましたね。




国連分担率の変更不要 ロシア代表が強調

・ロシア国連代表部のユーシフォフ上級参事官は17日、国連総会第5委員会(行政・
 予算)で演説し、来年から始まる2007−09年の国連分担金比率を決める交渉で
 現行の分担率変更を目指す必要はないと強調した。
 上級参事官の演説に先立ち、小沢俊朗・国連三席大使は「安全保障理事会常任
 理事国入りを拒否された」日本が今後も米国に次ぐ第二の国連分担金を支払い
 続けるのは不当との主張を展開しており、これに真っ向から反対したことになる。

 常任理事国であるロシアの今年の国連通常予算分担率は全体の1・1%(約22億
 5000万円)で、日本の分担金(395億円)の6%足らずとなっている。
 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005101801000247
Posted by at 2005年10月19日 19:25
そうなんだよねー、いろんなブログ読むと参拝に基本的に
反対の人もこの状況に怒って賛成に回ってるみたい。
「安倍総理」も「大人の関係」も期待したいけど、
ただ中国はそう簡単に「村八分」にならないと思うなー。
例えばアメリカだって将来の中国の市場は喉から
手が出るほど欲しいに決まってるでしょ。
今は対中貿易赤字を抱えてるけど、中国が中産階級が増えて
消費大国になった時、アメリカは家畜の飼料やら
穀物やらいーっぱい売りたいわけよね。
日本にも昔は同じような期待をしてたと思うけど、
日本人は貯蓄するのが好きだから期待ほどアメリカの物を買ってない。
日本の人口は減少するの見えてるし。
中国がよほどアコギなことでもしない限り
欧米全部が日本の味方になるとは思えないし、
あまり期待しない方がいいと私は思う。
Posted by yumicchi at 2005年10月19日 21:04
yumicchさんこんばんは(^^)
私は、中国で中産階級は市場としてうまみがあるほど増えないと思います(^^)
理由は

1.一人っ子政策により急速に老齢化が進む。
2.都市部と地方との所得格差が大きい。
3.人件費が高くなっているゆえにこれ以上の高度成長が期待できない。
4.予算に対して軍事費の支出が多い。
5.1〜4を補うほどの経済成長は期待できない。

さらに言うと、日本が撤退した後に欧米が残るとはとても考えられないですよね(^^;
欧米だけで、上に書いたマイナス要因を補えるとはとうてい思えないですし・・・
さらに禍の国と仲がよいと法則が発動するらしいですから(笑)
Posted by ろこ at 2005年10月20日 00:33
まー私もねー、「中国は崩壊する」とか聞くと
ワクワクテカテカしてしまう方なので(いかんなぁこの傾向…)
別に中国擁護してるわけじゃないんだけど。
私の言いたかったのは米国にしろ欧州にしろ
企業からの圧力がかかるので中国との関係を
悪くはしずらいということです。
やっぱり経済が良くないと政権は持ちませんからね。

>1.一人っ子政策により急速に老齢化が進む。

実は地方には住民登録されていない子供がたくさんいるとか。
だって農家って人がいないと大変なんだもん。
いったい何億いるんだ!って話よね。

>2.都市部と地方との所得格差が大きい。

でもいろいろ読んだり見たりしてると都市部には
年収2百万、3百万円の人がごろごろいるらしい。
実際今海外旅行客の中で一番買い物するのが中国人。
日本に来ても平均30万円くらい買っていくらしい。
中国の経済成長は日本にとってもマイナスではない。
中国の対日貿易赤字は約2兆円。

>3.人件費が高くなっているゆえにこれ以上の高度成長が期待できない。

もうすでに低賃金の労働力を求めて製造業が内陸部へ移動している。
安い労働力はまだ腐るほどいる。
むしろエネルギー不足の方が問題。

と一応反論はしておきます。
最近保守系ブログはイケイケドンドン的な
威勢のいい意見が多いので、私の中の「バランサーw」が
ちょっと待って!という意見を書かせてしまう…
ノムたんの病気がうつったかしらw



Posted by yumicchi at 2005年10月20日 12:17
色々勉強になりますねぇ。ふむふむ
バランサー大変結構!!実力が伴えば良いのです。
韓国は実力に伴わない発言だから失笑を受けるのです。「お前に何が出来るんだよ?」って。
yumicchiさんは違うでしょう?w

分担金に関してはアメリカ以外の常任理事国は反対するでしょうね。
多く払わないといけない可能性が出てくるんですから、当然と言えば当然ですが、反対する根拠が斜め上な国は問題です。
Posted by 真希P at 2005年10月20日 13:20
yumicchiさんこんにちは(^^)
やはり、そこらへんを指摘されてしまいましたか(^^)
まぁ、ここから先は情報をどう判断するかですからね・・・

私の読み的には、
都市部の高齢化が進む
→都市部の中産階級可処分所得が減る。

農村部と都市部との所得格差がが解消されない。
→政情不安。
→農村部と都市部との教育格差の拡大。

都市部の労働人口を農村部の流入で補う。
→恒常的に教育コストがかかる。(人件費の面でマイナス)
→技術的に高度な産業が育ちにくい。

低賃金を求め、内陸部への企業進出。
→生産設備投資をペイにできるか?
→輸送コストが上がる。

大気汚染が激しい
→精密機械製造を行う際にマイナス。

これらのマイナス要因に対してプラス要因としては

地理的に日本に近い
→材料の輸送費を低く抑えられる。
→製品の輸送費を低く抑えられる。

こんな感じです(^^;
外部からの投資による経済成長はほぼ現状が精一杯で、だんだん成長率が減速していくのではないかと・・・
5年ぐらい後が色々な意味でかなり危ないと感じています(^^;

まぁ、中国に対しては色々な解釈があると思いますので、皆さんの意見を聞かせていただくとうれしいです(^^)
Posted by ろこ at 2005年10月20日 14:17
中国が日本にとっても魅力的な市場であるのは間違いないと思います。
政治形態はともかく、人が居ればそこには需要が生まれるわけですから。

とはいえ、ろこさんも書かれてる通り投資による急成長はそろそろ終りでしょうね。
設備投資や建設ラッシュの景気上昇が終わってこれからが、中国経済の踏ん張り所へと変わっていくと思います。

中国の都市部と農村部での貧富の差、教育の差、情報格差は今後ますます開いて行くのではないかと思います。
一つの政府で中国全土を管理管轄するのはやはり無理があるかと・・・。
内戦が起こって4つ位に分裂すんじゃないかと思ってるんですけどねぇ・・・。
Posted by saka at 2005年10月20日 19:10
小泉純一郎首相の靖国参拝をとらえ、「日本軍国主義の最悪の伝統を公然と奉ずる挙に出た」と主張する新聞がある。アジアに対し、「非道な爪あとを残した日本の暴虐を鼓吹している」とくる。これは中国か北朝鮮の新聞か、と考えがちだがそうではない。

 ▼その正体が、米紙ニューヨーク・タイムズの社説「無意味な挑発」だというからあきれる。モノをいわないと認めたと思われるから一言いう。同紙の通りなら、毎年、靖国に参拝する各国の駐在武官や在日米軍の将兵はみんな軍国主義者なのか。

 ▼政治指導者が、国のため犠牲になった人に感謝を捧(ささ)げるのは当然のことだ。靖国参拝はそれが日本の文化であって、互いに黙する礼儀を持つべきだろう。米兵が靖国で手を合わせるのは、武人としての礼を尊ぶ心の表れである。

 ▼同紙は先の総選挙でも、「日本の民主主義は幻想」とか「マスコミはみんな自民党路線」と論評した。ならば東京支局を間貸しする朝日新聞とても抗議をしたであろうと察する。願わくば、彼らのアンチョコが中国系米人女性アイリス・チャン氏の幻惑本『ザ・レイプ・オブ・南京』でないことを祈るばかりだ。

 ▼多くの欧米紙はもっと穏当であり、中国紙が意外に抑制されているだけにその異様さが目立つのだ。しかし、一部でも珍奇な論評がある以上、在米日本大使館は反批判の矢を放ってほしい。有力紙による偽史の流布ばかりは避けたいからだ。

 ▼中韓の受け止め方は彼らの流儀だから変えられない。首相の靖国参拝を二国間の最大案件にしてしまったのは、当の中韓だからだ。他方、国内世論は、首相の靖国参拝への支持が不支持を上回った。政府は自信をもって対中韓外交を進めるべし−である。
http://www.sankei.co.jp/news/051020/morning/column.htm
Posted by at 2005年10月20日 21:40
まあ日本の外交については此処が参考になると思います
http://fantagista.seesaa.net/
Posted by at 2005年10月21日 01:41
靖国神社、あなたは参拝したい?
2005年10月20日より 計66912票

参拝したい 51% 33883 票
参拝したくない 32% 20788 票
わからない 19% 12241 票
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/
Posted by at 2005年10月21日 16:34

すべての女性が袋の夢、 co-shoes.com との独自のバッグコンプレックスを持って、すべての女性が様々なスタイルの tory burch 靴 には、毎日自分自身に別の服を着て、異なるスタイルや気分の変化に応じて異なる色を置き換えたい柔らかい日差しのバッグ、お気に入りのバッグを運んで、EFは心の底から快適に感じる、全身と心が溶けて自由に鮮やかな株になり、 トリーバーチ バッグ 正規品 は、味がクリアできない男であると信じています。彼の目のテクスチャカンタービレ数年で変更される可能性がありますが、変更することはありませんが女性がパッケージの味、年齢、女性の心を持って袋に隠された女性を愛することである。
http://www.co-shoes.com/ co-shoes.com
http://www.co-shoes.com/ tory burch 靴
http://www.co-shoes.com/ トリーバーチ バッグ 正規品
Posted by co-shoes.com at 2012年05月26日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8312661

この記事へのトラックバック

靖国問題に挑戦(前編)
Excerpt: 小泉サン行ったんだ、へぇ??、いつの間に。そしてマスコミはいつも通りのありきたりなツマラン、オマエの話はツマラン!なリアクションです。「アジア各国の反発が予想され…」って、どうせ毎度当たるからってしょ..
Weblog: blog不眠飛行
Tracked: 2005-10-18 22:50

島国の憂鬱
Excerpt: ついに小泉首相が靖国神社に参拝した。 公債発行の公約は「大したこと」ではなく 守らなかったので、これは「大したこと」なのかもしれない。 ↓小泉首相が靖国神社参拝 朝日新聞 産経新聞 大阪高裁の違憲..
Weblog: 時事珍宝(じじちんほう)
Tracked: 2005-10-18 23:59

小泉的靖国神社参拝2005
Excerpt: 先日の北朝鮮による拉致事件に関係の疑いのある北朝鮮系施設への家宅捜索をほとんど報道しなかった荒狂放送NHK。小泉的靖国参拝は懇切丁寧に放送するのね。 どこの国の公共放送ですか?| ̄|○ 
Weblog: 神のいどころ
Tracked: 2005-10-19 01:41

靖国問題に関する一考察 -アイデンティティの源泉をもとめて-
Excerpt:  ブロガーたちの間で靖国参拝のトピックが盛り上がっているようです。私もブロガーである以上、いちおう自分なりの見解を表明しておきたいと思います。 ナショナル・アイデンティティ、愛国心について、日本はか..
Weblog: 日々雑感
Tracked: 2005-10-19 05:32

突然の意図された靖国参拝2
Excerpt:  予想通り、中国と韓国が小泉首相の靖国参拝に反発してきたが、反日運動はそれほど盛り上がっていない。日本大使館に対する抗議行動も、人が多ければ中にはこんな人もいるだろう、くらいしか集まっていない。4月に..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-10-19 06:30

外交
Excerpt: 韓国外相、訪日を中止 首相の靖国参拝に反発 TVでも新聞でも、中国の会談拒否や韓国の訪日の中止(あれ?検討だったような・・・) をすごい日本にダメージがあるように煽ってますね。 竹島(韓..
Weblog: 日々日常
Tracked: 2005-10-19 17:29

靖国参拝を巡る喧しい騒動の影で着々と進む改憲論議
Excerpt: またぞろ「靖国神社参拝」大騒動が勃発しました。私がニュースフィードに入れているブログの更新が皆さん、靖国一色だったのには参りました。私が購読しているブログは全て(条件付き)賛成でした。このことは、私が..
Weblog: 言語学研究室日誌
Tracked: 2005-10-20 12:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。